グルメ

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)は落ち着いた空間で楽しむ気遣い溢れた川越のカフェ。健康・安心・ストレスフリーな食事を届ける

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)は、健康・安心・ストレスフリーな食事を届ける川越のカフェです。

 

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)は、川越にある蓮馨寺から歩いてすぐの隠れ家のような古民家カフェ。健康・安心・ストレスフリーな食事を届け、時間を忘れてゆっくりとお過ごしいただけるように、心地よい空間づくりを心がけており、お仕事や子育てなどに忙しい毎日の中で、ほっと心が落ち着く時間をお届けしています。

今回はきょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)の尾形さんにお話を聞いていきます!本日はよろしくお願い致します!

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)が川越に立ち上げられた背景にはどのような理由があるのでしょうか?

尾形:ゆるりCafeをオープンする前は、ホテルマンをやっていました。
いつか自分でもお店をやりたいと思っていたので、ホテルマンを辞めて、京都の祇園にある飲食店で働くことにしたんです。その時にホテルマン時代の先輩が川越にハンバーガー屋さんのBurgerCafehonohonoをオープンしたのがきっかけで、「一緒にお店をやらない?」って言っていただいて姉妹店という形でゆるりCafeを作りました。

 実際、川越に来たのはお店をやると決めてからでしたが、京都にいたので街並みや古   き良きものが残っているところに共通点を感じていて、最初から馴染みがありましたね。
ハンバーガー屋さんではなかった理由は、私自身がゆるりCafeの様なお店を作りたかったことと、健康を意識したお食事を皆様にご提供したかったからです。

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)のコンセプトはなんですか?

尾形:「安心・安全・ストレスフリーな食事」をコンセプトにしています!
安心安全は、添加物などを減らして、赤ちゃんでも食べれるよう気遣っています。

結構世の中って添加物がものすごい量入ってたりするんです。
つまり、知らず知らずに自分の想定しないものを食べてしまってるんですよね。
だって、赤ちゃんに添加物が沢山入っている物とか食べさせたくないですよね?なので、食に対する気遣いは常に持つようにしています。

古民家をシャビーシックにリノベーションして、落ち着きのあるように店内も作っているので、時間を忘れてゆっくりとお過ごしいただけると思います。
お仕事や子育てなどに忙しい毎日の中で、ホッと心が落ち着く時間をお届けしていきたいですね。

 ストレスフリーというのは、例えば野菜中心だったり、フルーツだけの生活だったり、身体に良いものだけでの生活って美味しくなかったり、辛かったりするイメージがあったりすると思うんです。
それってストレスなんじゃないかって思い始めて、バランスの摂れた食事で美味しくて楽しくて、気付いたら体重が落ちてて健康的な身体になってたらラッキーじゃないかと思っているので、そういうお食事を提供していきたいですね。

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)でこのようなコンセプトになった理由はなんですか?

尾形:実は、私の実体験が理由なんです。
祇園で働いてた時に週8で外食して、好きなものを好きなだけ食べたり呑んだりしていました。それがストレス発散だったんです。
そうなるとやっぱり身体を壊すんですよね。
でもなかなか気がつかなくて、脱力感や目覚めが悪くなったり、全然身体が休まなかったりした中で、健康診断を受けたらものすごく身体が悪くなってしまっていたんです。

それから今の奥さんに料理を作ってもらうようになって、野菜中心の食事に変えて、油の摂取を抑えたり、お酒を飲むことをやめたり、食べ方も副菜から食べたりと改善したんです。そうしたら1年で身体が軽くなって変わってきたんです!
やっぱり「食べている物」で身体が作られているんだ!と再確認し、今のゆるりCafeに繋がっています。

ゆるりCafeに週1で来てくれるおばぁちゃんがいるんですが、健康診断の数値が良くなったそうです。「お野菜をこれだけ沢山摂れる食事は他にない!」と仰っていただけています。

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)が大事にしていることはどんなことですか?

尾形:大切にしていることはコンセプトである「安心・安全・ストレスフリーな食事」ですね。
その上で、空間と接客はどれも欠かしてはいけないと思っていますし、お客様におもてなしをすることを日々の営業で心がけています。

食事に関しては、食べ合わせや塩分、脂質、糖分を抑えたり、添加物も極力減らしたりするためにドレッシングも手作りで出汁も1からとったりしています。
こうゆうことに日常気を遣うことって家庭だと難しと思います。
お母さんは家事や子供のこと、色々やることがあって、めちゃくちゃ大変なんです。
でも、ゆるりのプレートは8種類以上のおばんざいで1日分のお野菜、お肉、お魚全て取れるんです。

また、アレルギーも意識して対応できるようにしています。
出汁の中に小さなカニやエビが入ってたり、きなこを使ってたりするので粉末が飛んでしまったりすると、重度のアレルギーを持っていると反応してしまうことがあるんです。
やっぱり大切な1日の1食なので楽しい思いで過ごして欲しいですし、
身体のことを考えてお客様にはお食事を楽しんで欲しいんです。

栄養士さんに調べていただいたのですが、
提供しているプレートが
栄養素の数値や食塩3g以下だとか1日当りのお野菜量だとか全部クリアしてるみたいで埼玉県健康づくり協力店に指定して頂きました。

空間については、お花も花粉がないものを置いたり、窓もたくさんあるので空気の流れも作ったりしています。
席もカウンターは座りやすさを大切にした椅子を使ったり、店内奥のテーブル席は別の席のお客様と目線が合わないように、テーブルと椅子を全て違うものにしています。これによってお客様がリラックスしていただけるように工夫しています。
床も妊婦さんや高齢のお客様が安心できるようにフラットで歩きやすいようにしていますよ。どなたでも安心して過ごせる空間作りを心掛け、お客様が「ゆるり」としていただけることを大切にしています。   

接客は「気付くこと」ですね、それに尽きると思います。
例えば、ウェイティングの方はお外にお並びいただけないようにしたり、お隣のお宅にご迷惑がかからないようにしたり。お食事中にウェイティングの方が並んでいるとゆっくりできないですものね。目指しているところは、アットホームでありながらリストランテの様な接客でいることで、お客様がどんな気持ちなのか、どうして欲しいかを察知するように全スタッフが意識するように努力しています。お客様の心地よさが1番ですね!

きょうのごはんゆるりCafe(ゆるりカフェ)が今後伸ばしていきたいと思っている部分があれば教えてください。

尾形:同じクオリティが出せるのであれば、店舗を増やしたいと思っています。
今のゆるりCafeは早朝から仕込みをしています。とても手間がかかりますが、新鮮で美味しいものをお客様に届けられればいいなと思ってます。

それと、出来たら週2くらい通って欲しいですね。
お食事で身体が変わるってことに気がついて、食べるものって大切なんだって実感していただき、お客様が楽しく幸せに健康維持のお手伝いをこれからも続けていきたいです!

最後に川越の街の魅力や好きなところがあれば教えてください。

尾形:川越の皆さんは本当に温かいですよ。
開店前のエピソードですが、ゆるりCafeの内装工事をしている時に、1人の男性がお店に来られたんです。
その男性は、店内を見るなり「黒い箇所が多いね、ここは何になるの?」って仰るんです。私が、「カフェになります、基本内装は白にしますよ」って伝えたら、「明日内装塗ってあげるよ」って本当に翌日に来られて手伝ってくれたんですよ。そんなことありますか?(笑)今では、奥さんとよく来てくれるんです!

時には、よくお母さんと来てくれる中学生の女の子がお花をプレゼントしてくれた    り、近所の方が野菜やお土産を持ってきてくれたりと本当に気に掛けてくださいます。川越の皆さんが心が温かく素敵な方が多いですよ。
地元の繋がりがあって魅力の沢山ある地だと思います。

店名 きょうのごはんゆるりCafe
住所 埼玉県川越市連雀町32-1
アクセス 東武東上線「川越市駅」より徒歩11分
西武新宿線「本川越駅」東口より徒歩10分
HP https://www.kyounogohan-yururicafe.com/
SNS Instagram:https://www.instagram.com/yururicafe/