グルメ

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)は川越の農カフェ。川越の田んぼで収穫した米や米粉を使ったメニューが楽しめる

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越
8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)は自ら育てたお米や作物を使った農カフェ、ボードゲームも楽しめる。

 

2階に位置する8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)は全面ガラス張りの入り口で、日の光が優しく店内に差し込む明るい店舗設計。コンセントやWi-Fiも完備で、仕事にプライベートに使い勝手の良いお店です。

今回は8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)の塔筋さんのお話を聞いていきます!本日はよろしくお願い致します!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)が川越に立ち上げられた背景を教えてください!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

塔筋:私が4年ほど前に川越に引っ越してきて、
私の住む川越が楽しくなればいいなっていう想いと楽しい場所を増やしたいと考えていたところから8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)が生まれました。

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)を本格的に立ち上げたのがコロナになってからなんですよ。
コロナになった途端、会社にも学校にも行けなくなってそれまでの人との繋がりがなくなってしまうのではないかって感じてしまい、どこかに人との繋がりや関わりを作れるような場所が無いといけないのではないかって思いから最初はボードゲームカフェからスタートさせました。

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

コロナ禍になってから都内に通勤しなくなったので1日3時間ほど空きができたんです。
その3時間で何かしようと考えた時に川越駅から15分ほど離れると多くの自然があることから川越にある農の豊かさに気がついたんです。
そこから仲間達と田んぼでお米や野菜を作ったり、養蜂で蜂蜜を作ったりすることを始めて自分たちで育てた食材をみんなに食べてもらえる場所や農業をアピールできる場所として8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)が生まれました!

名前の由来は、米という文字は八十八と書くこと、米づくりには88の手間がかかること、1粒の米には88人の神様がいることから8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)になりました。

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)で大切にしていることはなんですか?

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

塔筋:農と食が直接結びつくことを大切にしています!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)では、自らの手で育てた野菜やお米を午前中に持ってきて午後食材としてお客様に提供しているのですが、このようなお店はあまりないと思っています。
今の時代では、地産地消やSDGsなどで環境に配慮することが社会的にも多く伝えられていますが野菜の納品などの運搬にも車の排気ガスなどの削減にも私が自らお店に運べば少なからず減らすことができるんじゃないかなって思っていますね。

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)でのコンセプトは、「口にして安心安全」です。
まさに食材に関しても安心安全を意識していて、野菜や手作りのお米も無農薬で育てたりしているのでほどほどにこだわりながら美味しい食材を届けて行きたいです。

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)のおすすめメニューはなんですか?

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

塔筋:玄米ご飯は身体にも良いですし美味しいのでおすすめですね!

私としては、お米をもっと食べてもらいたいと考えていて無農薬などにこだわっているお店だと少し手が出しづらいことがあっても、8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)では自らが育てているので気軽に食べられるような値段を実現できると思います!

メニューとしては、お米の味を感じることができるおむすびランチやカレーのご飯メニューから、デザートは米粉100%で作ったシフォンケーキがあるので是非食べていただきたいです!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)を運営していて喜びを感じる瞬間はどのような瞬間なのでしょうか?

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

塔筋:子供たちが美味しいって食べてくれたり、親御さんも感動してくれると本当に嬉しいですね。

農業体験もイベントとして開催しているのですが、
子供たちが農業に触れることで何か少しでも食や農業に興味が湧いてくれるととても喜びに繋がるのでそのようなきっかけ作りは今後もやって行きたいですね!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)で今後進化していきたい、伸ばしていきたいと思っている部分があれば教えてください!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

塔筋:食を通じてもっと農業を知ってもらいたいなって感じているんです。

川越は都市型農村と呼ばれる地域なのですよ、これは立派な都会でありながら車で10分〜20分走ると田んぼや畑がある場所なので気軽に農業を始めるきっかけになる場所に8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)がなれれば良いと考えていますね。

今後は農業体験や生き物探しなどを子供たちのためにイベントを開催していきたいなって感じていまして、農業も高齢化が進んでいたり休耕田が増えてしまったりしている現状を少しでも減らして行くことも今後進めていきたいと思っています。

最後に川越の街の魅力を聞かせてください!

8+8Cafe(はちじゅうはちカフェ)川越

塔筋:とても住みやすく魅力的な街だと感じていて、地域の方も川越が好きな方が多くて温かいと思います。

都会としての刺激もありながら、少し離れると田舎のような風景もあって両方が共存しているところは川越にしかないと思いますね!

 

住所 〒350-0045 埼玉県川越市南通町16−34 SpacoK A 2
電話番号 049-211-5655
営業時間 月、火、木、金、祝前日: 11:00~14:00 (料理L.O. 13:30 ドリンクL.O. 13:30)
定休日 水、土、日、祝日
アクセス 本川越駅から徒歩10分/川越駅から徒歩5分。クレアモールの中にある、クレアパークの脇道を進んで八幡通りを超えた先!
公式HP https://hachi-ju-hachi-cafe.owst.jp/
公式SNS FaceBook:https://www.facebook.com/8plus8cafe

Twitter: https://twitter.com/8_8cafe