グルメ

川越で本格台湾を堪能できる一六八(いろは)、お店がある川越と故郷の台湾を繋いでいく架け橋カフェ

川越で本格台湾を堪能できる一六八(いろは)、本川越駅から蔵造りの街並みの途中にある台湾カフェです!

 

川越で本格台湾を堪能できる一六八(いろは)は、川越と台湾の架け橋になるカフェです! 本川越駅から徒歩2分のアクセスで、本格台湾料理とタピオカや多彩なドリンクが楽しめます。

今回は一六八(いろは)の王さんにお話を聞いていきます!よろしくお願いします!

 

一六八(いろは)と川越はどのような繋がりがあるのでしょうか?

王:私は出身が台湾で、ずっと台湾で暮らしていました。夫と台湾で出会い、夫の職場が川越だったので日本に来てから13年間ずっと川越に住んでいます。

昔は何もなかったですが、今では伝統ある街でもあり、現代に寄っているところもある素敵な街だと思っています。川越と台湾はすごく繋がりがあり、私が来た13年前は観光客も少なかったのですが、今では観光客の7割ほどが台湾から来ています。

台湾で川越が有名になったのは、鉄道会社が川越のポスターを貼っていてそれを見た台湾の方々がよく、川越に来るようになりました。東京から来やすい土地でもあったので今ではとても人気の観光スポットになっています。

一六八(いろは)を川越に立ち上げられた背景にはどのような理由があるのでしょうか?

王:実は最初、カフェと雑貨をやりたかったんです。当時、自分の知識もなかったので何ができるのかを考えていました。その時に、川越でも台湾の味を作ることができると思い、その頃は川越に台湾のお店もなかったので挑戦してみることにしたんです。

また、当時の日本には本場の台湾系の料理が根付いてなかったので、食べたいと思った時には自分で作るしかなかったんです。今の東京では台湾料理が食べられるところはあるのですが、本場の料理とは少し違う味になっていると感じています。やっぱり本当の台湾の味を知って欲しいという想いと、台湾旅行に行った方が恋しくなって食べに来てくれるようにしようと考えて、実際に都内の台湾料理屋に修行に行って勉強をしてから、一六八(いろは)をオープンさせました。

最初、お店のオープン時は夏だったので、当時流行っていたタピオカから提供を始めました。タピオカだけでやっていたのでタピオカ屋さんと言われてたのですが、冬に近づくに連れて、温かいご飯物を提供して行きました。川越は食べ歩きが観光でも多くされているので、台湾の肉まんなどを始めてから、ルーロー飯などを作り出しました。今では店内でお食事されるお客様がほとんどです!

今の一番人気はルーロー飯(台湾の代表的な具乗せご飯)です。テイクアウトもあるのでいろんなお客様に楽しんでもらってます!

一六八(いろは)として大事にしていることや想いはなんですか?

王:常連さんやお店のスタッフを、とても大切にしています。お客様とはしっかりコミュニケーションを取るようにして、どんなのが好きなのか、色々と話せるようなお店作りはスタッフ含め取り組んでいます。

料理としては、本場の台湾の味を残しながら、美味しかったと言ってもらえるものを提供していきたいと思っています。実際に来たお客様が、台湾で食べた味だと喜んでくれたり、ご飯が美味しかったと言ってもらえることが嬉しいので味にはこだわりを持ってやっていきたいです。

最初、お店を出すときは正直とても不安でした。店舗を運営するのは初めてでしたし、ルールなどもわからなかったです。お客様が来ないこともあり、分からないことだらけでした。その中でやりたいことを支えてくれた夫にも感謝しています。また、川越の皆さんも温かく迎えてくれたのでよかったです。

今後進化していきたい、伸ばしていきたいと思っている部分があれば教えてください!

 王:川越と台湾を繋いでいきたいですし、架け橋になって行きたいです!

最初は食で繋がりを作り、人の繋がりになって欲しいですね。そのような繋がりから、イベントごとができるととっても良いと思います。観光とかにも今後関わって行きたいです。

 一六八(いろは)のオススメメニューを教えてください!

王:今のおすすめメニューはパイナップルケーキと夏に合ったマンゴードリンクなどです!パイナップルケーキは台湾でポピュラーなお土産でとても美味しいです。

一六八では、パイナップルの形にして中にはパイナップルのジャムが入っているので是非、お土産にしてください!

川越の街の魅力、好きなところがあれば教えてください!

王:人との繋がりが素敵だと思います。お店やる時も不安でしたが、みんな温かく親切にしてくれました。支えてくれる方も多いし、常連さんなどもお土産をくれたり、地域の輪がとても感じられる街なのが魅力です。

好きなところは、氷川神社が好きです!風鈴だったり、桜だったり、四季で色が変わるのでとても素敵です!

住所 〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-3-4
電話番号 080-9890-7206
アクセス

西武新宿線 本川越駅徒歩1分

ホームページ http://www.koedokko.net/meiten/10tamariki/tamarikiseika.html